駆除の費用を安くする対策方法【和室の畳のチェックでシロアリ予防】

和室のシロアリ駆除費用を安く抑えるには

和室のシロアリ駆除を依頼するなら、安く抑えるポイントを知っておくと便利です。費用を安く済ますにはどのような方法があるのでしょうか。

費用の一部が戻ってくる!「雑損控除制度」

シロアリ駆除を行なった場合、確定申告を行なう際に忘れず「雑損控除」を申請しましょう。 この雑損控除とは、申告を行なう本人または家族の資産が災害・盗難・横領などにより、被害を受けた際に申請できる制度です。 住んでいる家は当然家族の資産となり、シロアリ被害によって資産価値が下がることは、「害虫による災害」だと認定されます。 雑損控除を申請することで、シロアリ駆除費用の一部を所得額から引くことができます。つまり、実質費用の一部を還元することができるのです。畳のシロアリ駆除を安く抑えたいなら、雑損控除を利用するといいでしょう。

雑損控除に関する疑問を聞いてみた

雑損控除でどのくらいの金額が控除されるんですか?
雑損控除を計算する方法は2種類あります。シロアリ駆除費用と建物の修繕費を合わせた額を損失金額とすると、損失金額から保険金プラス5万円の額を引く計算方法と、損失金額から保険金と総所得金額の10パーセントの額を引く計算方法です。
どちらの計算方法かで、残った額が大きい方が控除額として採用されます。
雑損控除に必要なものって何ですか?
雑損控除をする場合、市町村ごとの確定申告会場へ、シロアリ駆除の領収書を持っていけばOKです。場合によってはシロアリによる被災証明書が必要となる場合がありますが、そのような場合は駆除を行なう業者さんに施工報告書を送ってもらえば大丈夫です。
ベイト工法を選んだ場合や、シロアリの定期点検を依頼している場合は、点検報告書を確定申告時に添付しましょう。

畳の被害が拡大する前に対策しておこう

シロアリの被害によってリフォームするとなると、高額な費用が掛かります。費用負担を避ける最適な方法は、被害が拡大する前に早期にシロアリを発見することです。定期的に和室の畳の裏などを確認することで、シロアリの有無をチェックできます。また、シロアリの発生しやすい場所にあらかじめ駆除剤を撒くことも効果的です。市販のシロアリ駆除剤を定期的に撒いておけば、シロアリが近寄りにくくなるため、シロアリ被害によるリスクを回避することができます。

TOPボタン